稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

世界に誇る天才 五嶋みどりの音色 大阪に響く②

エンターテインメント

世界に誇る天才 五嶋みどりの音色 大阪に響く②
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

大阪シンフォニーホール35周年記念特別公演 五嶋みどり ヴァイオリンリサイタル

大阪を代表するクラシックホール「シンフォニーホール」は今年で開館35周年。記念に招聘したのは、日本が世界に誇る天才女性ヴァイオリニスト「五嶋みどり」でした。2017年9月22日(金)小雨降る中、彼女の来日・・・そして帰阪(五嶋みどりは大阪枚方出身)を待ちわびたファンに迎えられ、大盛況のうちに幕を閉じました。
 幸いにもこのコンサートを堪能するチャンスに恵まれましたので、ここではコンサートの簡単なレビューをまとめます。
また、これまでの五嶋みどりさんの簡単なプロフィールや受賞歴などは、
こちらにまとめています
⇩⇩⇩

四人の異なる作曲家による 「ヴァイオリンとピアノのためのソナタ」で観客を魅了

この日のコンサートの内容は、五嶋みどりのヴァイオリンを最大限に聴かせながら、ピアノとヴァイりんそれぞれ1台というシンプルな編成でホールの響きを生かす形となった。

ピアノは イェヴァ・ヨコバヴィチューテ

室内楽奏者として高く評価されている、リトアニア出身のイェヴァはピアノトリオ「Torio Cavatita」としての活躍が全米で知られ、主要な音楽祭にも定期的に出演しています。2015年からはシェナンドー大学音楽院で准教授も務めています。

演奏曲はこちら

ヒンデミット/ヴァイオリンとピアノのためのソナタ ハ調
ブラームス/ヴァイオリンとピアノのためのソナタ第2番 イ長調 op.100
シューベルト/ヴァイオリンとピアノのためのソナチネ第3番ト短調 D.408 op.posth.137-3
エネスク/ヴァイオリンとピアノのためのソナタ第3番イ短調 op.25「ルーマニアの民族様式で」

4人の作曲家による、 タイプの異なったソナタ

 以下、五嶋みどりさんによる曲の解説も参考にしながら、感想を書き留めています。

パウル・ヒンデミット  ヴァイオリンとピアノのためのソナタ ハ調(1939年作曲)

パウル・ヒンデミットは1895年ドイツ生まれ。作曲だけでなく、ヴァイオリン・ヴィオラ奏者、指揮者としても活躍し、音楽学やアートマネジメントにも力を発揮した人だそうです。多方面に才能を発揮する人という意味では五嶋みどりさんに共通する部分がありますね。 今回大阪で演奏された「ヴァイオリンとピアノのためのソナタ ハ調」は4曲のヴァイオリンとピアノのためのソナタの中の一つ。マーラーの作風に似ているところもあります。
 第一楽章は Lebhaft(元気に)と表記され、主要テーマとなる大胆な低音からファンファーレのように始まります。 聴衆の期待に満ちた、シンフォニーホールの静寂を、低く力強いみどりさんの音が、まるで幕を落とすように切り裂いていきます。 曲は徐々に高音域に展開し、つられるように、ぐいぐいと聴衆も短時間で飲み込まれていきます。
 第二楽章はバロック的で3つのセクションにわかれています。真ん中のセクションは8分の5という変拍子で、コミカルに体をうねらせて弾くみどりさんは、チャーミングなダンスをしているよう。
 最終楽章は荘厳な雰囲気に。主題がフーガ形式に展開し、ピアノとバイオリンが一台ずつとは思えないほど緻密で重厚な音の重なりが、緊張感を高めていき、やがて荘厳なフィナーレにたどり着きます。

ヨハネス・ブラームス ヴァイオリンとピアノのためのソナタ 第2番 イ長調 op.100 (1886年作曲)

 ブラームスは19世紀ドイツロマン派の代表的な作曲家ですね。1833年ドイツのハンブルクに生まれています。幼い頃から父親の影響で音楽に親しみ、ピアノを習得して、演奏家、指揮者としても活躍しました。 作曲家としては シューマンにその才能を見出され、音楽的にも強く影響を受け、シューマンが亡くなった後も、その妻クララと深い友情を保ったそうです。
 ブラームスは特に歌曲に力を入れて作曲していたため、ヴァイオリンの作品でも、歌曲に使われるような表示法をよく使っているそうです。 みどりさんのヴァイオリンを聴いていると特にこの曲では「まるで歌っているようだ」と感じるのはそのせいでしょうか。
第一楽章はデーマが次から次へと流れていき、第二楽章はフォークダンスのように叙情的、最終楽章は優雅で、穏やかな雰囲気のまま曲は終わっていきます。シンプルな旋律が多く、あまり技巧的な作品ではないだけに、どんなトリッキーな演奏でも難なくこなしてしまうみどりさんの演奏としては物足りないかな・・・・などと正直聴衆は思うのですが、実は、こういった曲ほど、いかに演奏家が作曲者の糸を明確に汲み取って演奏するかが曲の重要なポイントとなるそうです。派手な技巧はないけれど、穏やかに、歌うように音を会場に染みとおらせたみどりさんの意図は、聴くものの胸に静かに深いところに着地して広がります。 曲の順番も非常に大切なのだとここで気付かされます。 会場は、この曲が終わって、一旦静かに休憩に入ります。

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
1
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

月別アーカイブ

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法